塾・予備校を比較するなら最初に読んで! 大学受験用の選び方、チェックポイント15点

高校へ進学したものの、すぐに大学受験がやってくる。全国テストを受けたが、第一志望の大学の合格判定は高くない。このまま受験本番を迎えても、大丈夫なのだろうか――。

こういった悩みを抱えて、塾・予備校に通い始めようか、新しく通信教育の教材を申し込もうか、検討し始めている人もいるかと思います。

ただ、大切な高校生活はわずか3年間。受験本番までに残された時間は、決して多くはありません。塾・予備校に通い始めたとしても、必ずしも学力UPにつながるわけではありません。あなたに合ったところを選ばないと、「この塾・予備校は、教え方が分かりづらいな……」と気が付いたときには、残された時間がさらに少なくなってしまいます。

そこでこちらの記事では、塾・予備校を比較して検討するときにどんな視点を持って探せば外さないのか、塾・予備校の選び方をご紹介していきたいと思います。

まず記事の前半では塾・予備校を比較するときのチェックポイントを、後半ではさまざまなケース別に比較・検討する際のやり方を取り上げていきます。おすすめの予備校を取り上げた詳しい解説記事もあわせてご紹介していきますので、大学受験に向けた塾・予備校選びの参考にしてください。

塾・予備校を比較するとき、おさえておきたいチェックポイント 15点

Check:講師・カリキュラムは、質・量に加えて”マッチング度”を見よう

塾・予備校に通う最大のメリットの1つは、高校の先生とは別の先生、大学受験に詳しい講師から勉強を教えてもらえるところでしょう。高校の授業が分かりづらくても、塾・予備校の先生に教えてもらったらすんなり分かった――なんてこともあると思います。

ただ、塾・予備校の講師のレベルは本当に千差万別です。筆者自身の経験として、大学時代に塾講師のアルバイトに応募して「塾講師として素人なのに、トレーニングなどをろくに受けないまま、いきなり生徒に教えることになった」と驚いていた友人がいました。小規模~中堅クラスの塾・予備校を選んだ場合、良い講師と出会えればいいのですが、どんな講師に教わることになるか分からないというリスクがあることも覚えておきましょう。

そういった講師の質などを含めて、塾・予備校を比較するときにチェックしてほしいポイントは次のようになります。

[Check Point]

● 講師の授業・教え方は”自分にとって”分かりやすいか
● 授業・カリキュラムのレベル・難易度は、自分の学力に合っているか
● テコ入れ/強化したい教科・学習分野の授業が受けられるか
● 志望大学別の対策が充実しているか
● 難関校などへの合格実績はどうか。特に自分の志望する大学の合格実績が優れているか

Check:その塾・予備校へ、無理なく通い続けられるか

あなたが現役高校生なら、高校の授業が終わってから塾・予備校へ通うことになるでしょう。高校・自宅から通いやすい場所にある塾・予備校か、放課後に受講しやすい時間割になっているか――こうした点をチェックして、高校生活と両立できる塾・予備校を選ぶ必要があります。

また、塾・予備校へ通いたくなるか、続けたいと思えるか、といった視点も欠かせません。受験勉強でつまずいたときにサポートしてくれる仕組みがあるか、同学年のライバルと競い合える環境か、勉強するモチベーションを高く保てそうな塾・予備校を探しましょう。

次のような点をチェックしておけば、塾・予備校に無理なく通い続けられるのではないでしょうか。

[Check Point]

● 自宅・高校から通いやすい場所にあるか
● 放課後に通いやすいスケジュールで時間割が組まれているか
● 学習面の相談に乗ってくれてサポートしてくれる指導員はいるか
● 同学年のライバルと交流したり、模試などで競い合えたりする環境があるか

Check:自習室や進路アドバイスなどは充実しているか

塾・予備校で学んだ先輩たちの中には、「集中して勉強できる自習室を利用できたのが一番のメリットだった」と語っている人もいます。実際、塾・予備校比較ナビで調査したところ、「塾・予備校へ通うことのメリット」として「自習室を利用できる」ことをあげた人が72.0%もいました(複数回答可)。

他にも、入学試験や志望大学に関連する最新情報の提供、適切な志望校のアドバイスといった進路指導も、塾・予備校に期待できることの1つです。

特に2021年度の入学者選抜からは、大学入試センター試験が廃止されて大学入学共通テストが実施されます。大学入学共通テストに切り替わることで、出題傾向や配点などがどのように変わるのか、より詳しい情報に基づいた対策を塾・予備校には期待したいものです。

そうした+αの価値を提供してくれる塾・予備校かどうかも、事前にチェックしておくべきです。

[Check Point]

● 自習室はあるか。使いやすいか
● 志望大学に関する最新情報を持っているか
● 入学試験、特に大学入学共通テストに関する詳しい情報を知っているか
● 進路指導・アドバイスは信頼できそうか

Check:入学金・授業料はどうなっているか

最後に、通学候補として考えている塾・予備校の入学金・授業料を確認しておきましょう。

家計の事情から、あまり高額な塾・予備校には通えない方もいらっしゃるかと思います。けれど、「安かろう悪かろう」とも言います。塾・予備校に通ってみたものの役に立たず、移動時間がかかっている分だけ、図書館などで参考書を片手に自習していた方がマシだった――なんてことにならないように気を付けてください。

塾・予備校の中には、成績優秀者の授業料などを優遇する特待生制度を設けているところもあります。入学金・授業料で厳しい制限があるようでしたら、そうした塾・予備校を探してみてはどうでしょうか。

あるいは、授業料が講座ごとに設定されている料金システムなら、全教科を受講せず、弱点にしている教科や入試で必要な教科だけを学び、授業料を安めに抑えるのもいいでしょう。夏期講習だけ利用するなど、利用する期間を絞るのも選択肢の1つかもしれません。

最初に入学金・授業料だけを見て選択肢を狭めてしまうのではなく、あなたにとって本当に必要な学習指導やサポートをしてくれる塾・予備校かどうか、しっかり見極めて選ぶようにしてください。

[Check Point]

● 料金システムはどうなっているか。入学金・授業料はいくらか
● 特待生制度はあるか

ケース別に考えよう。あなたにあった塾・予備校の選び方は?

さて、ここからは後半戦です。ここまでに取り上げてきたチェックポイントを頭の片隅にとどめておきつつ、ケース別にどのように塾・予備校を選んでいけばいいか、考えていきましょう。

より詳しい解説やおすすめの塾・予備校は、それぞれリンク先の詳細記事でご紹介しています。

Case 1:現役高校生か浪人生か、あなたの状況に合った塾・予備校は?

塾・予備校を比較して選ぶときに、あなたが現役の高校生なら「放課後に通いやすいスケジュールで時間割が組まれているか」という点は重要です。しかし、浪人中なら重視する必要はありません。

逆に、あなたが現役の高校生で学校に図書室などの集中して学べる場所があるのなら「自習室はあるか。使いやすいか」といった点は考慮する必要はありません。けれど、浪人生なら自習室の有無は大切なポイントになってきます。

このように、あなたが今、現役か浪人中かで塾・予備校を比較するときのポイントが変わってきます。東進ハイスクールのように現役生中心の予備校もありますので、現役なら現役生向きの、浪人中なら浪人生向きの塾・予備校を探した方がいいでしょう。

【関連記事】

高校生の塾・予備校選び。比較する際のポイントや、選び方のコツを紹介

Case 2:文系か理系か、志望大学・学部の入試科目に合わせて対策できる塾・予備校を

もう1つ、塾・予備校を探すときに大きく影響してくる要因があります。それは文系か理系か、という点です。

大学受験は、文系か理系かで入試に使う教科・科目や、教科・科目別の配点が異なってきます。あなたが理系なら、理系科目を教えてくれる講師の評判や、理系の大学に関する合格実績などをチェックしておくべきでしょう。

【関連記事】

理系に強い塾・予備校は? 高校生向けにおすすめの候補を徹底比較


インターネットで検索すれば、おすすめの塾・予備校を紹介してくれる比較記事を簡単に見つけられると思います。けれど、あなたの状況によってベストの塾・予備校は違ってきます。本当にあなたにとってベストの塾・予備校と出会えるように、こちらの記事でご紹介した点をおさえて塾・予備校の比較・検討を進めていってください。