予備校の費用はどれだけかかる? 学費を抑える方法など、お金に関する情報をまとめて紹介!

予備校には、多くの学生を合格に導いてきた大学受験のプロがいます。第一志望校に合格するには、予備校へ通学してプロ講師の指導を受けるのが一番の近道です。

しかし、気になるのが予備校に通うのにかかる費用です。「いったいどのくらいの学費が必要なのか」「授業料以外にもお金がかかるのか」など、疑問に思うことも多いでしょう。

この記事では、予備校に通うのにかかる費用や安く通う方法など、予備校とお金に関するさまざまな情報についてまとめました。予備校に通いたいけど金銭面が気になるという人は、ぜひ参考にしてください。

予備校にかかる費用の相場を知ろう

どの予備校に通うかを決める前に、相場について知っておくと良いでしょう。

そこで、予備校にかかる平均的な料金やその内訳をまとめました。実際に予備校を利用した経験のある人に対して実施した費用調査の結果も紹介します。

予備校に1年間通った場合の平均的な料金

予備校に1年間通った場合、平均的な料金はどのくらいになるのでしょうか。文系か理系かや選択するコース、講座数によって変わりますが、年間約100万円程度かかります。

その具体的な内訳は、「入学金・授業料」「夏期講習や模試にかかる料金」「交通費などその他にかかる料金」です。

入学金については、どの予備校も大きな差はありません。平均的な相場は3万円程度です。

一方で授業料は、志望する大学や選択する講座数によって大きく変わります。大手3社の平均金額は国公立文系志望で60~80万円、国公立理系志望で70~90万円です。理系志望であれば費用は少し高くなる傾向にあります。

次に夏期講習などの季節講習についてです。一般的には、授業料とは別に講習代がかかります。予備校によっても費用は異なりますが、相場は1講座あたり1万5000円~8000円程度。高校1・2年生で3講座を受講すれば4~7万、受験生でより多くの講座を受講すれば6~10万円程度必要です。

また学力模試の料金の相場は1回5000円程度で、受験生であれば6~7回受けることもあります。そのため、3~4万円程度は見積もっておくと良いでしょう。

最後に、交通費などその他にかかる料金です。特に自宅から離れた予備校に通う場合は、移動にかかるお金についても考慮する必要があります。

実際に予備校に通った人に聞く! 年間費用や受講内容

では、実際に予備校に通った人はどのくらい費用がかかったのでしょうか。

塾・予備校比較ナビが独自にアンケート調査をしたところ、全体の29%の人が「51~100万円」と回答し最多となりました。次いで21.6%の人が「101~150万円」、11.4%の人が「151~200万円」と回答。中には201万円以上という人もいるものの、0~100万円と回答した人が全体の6割ほどであることから、やはり予備校の費用の相場は100万円程度だということが分かります。

また、予備校で実際に利用した内容について聞いたところ、69.1%が「夏期講習」、58.4%が「冬期講習」と回答。6~7割程度の学生が、じっくりと時間をかけて受験勉強ができる季節講習を受講していることが明らかになりました。模試についても63.6%の人が利用しています。

費用を抑え予備校に安く通う方法と注意点

第一志望合格を目指し予備校に通いたいと思っていても、通学には平均100万円程度かかります。決して安くない金額ですから、少しでも安く通いたいという人もいるはずです。

それでは、費用を抑えながら予備校に通うことはできるのでしょうか。また、安さを重視する際に注意すべきことはあるのでしょうか。

「安い」だけで大丈夫? 予備校選びに大切なこと

実は、「料金が安い」という理由だけで塾・予備校を選ぶのはおすすめできません。なぜなら、どの塾・予備校を選ぶかによって合格率が大きく違うからです。

例えば、塾の平均料金は約20万円。予備校の平均料金と比べると非常に安いのが特徴です。

ただし、塾の役割はあくまでも「学校で受ける授業の補習」に近い位置づけであり、塾によって授業内容やレベルが大きく異なります。もちろん、塾に通いながら大学合格を目指すことは可能ですが、レベルの高い大学を目指すのであれば心もとないかもしれません。

一方、予備校は大学受験に特化した教育機関であるため、より高いレベルの授業が受けられます。また受験勉強のノウハウや情報量、合格実績も豊富です。

こういった点からも、第一志望合格を目指すのであれば、安さだけでなく合格率や合格実績を重視しながら予備校を選ぶべきでしょう。

安くて合格実績のしっかりした予備校に通うには

予備校の中でも大手予備校は学生数も多く、受験に関する膨大な情報やノウハウを持っています。そのため成果や実績を重視するなら、東進ハイスクール・東進衛星予備校や河合塾、駿台予備校といった大手予備校がおすすめです。

では、こうした高い合格実績を誇る予備校に、できるだけ安く通うにはどうしたら良いのでしょうか。

方法としては、

  • 学費を分割払いや月払いにする/教育ローンを利用する
  • 入学金免除制度を利用する
  • 特待生制度がある予備校に通う

といった3つの方法があります。

具体的には、次の章で説明します。

学費などを工面する具体的な方法

ここからは、学費を工面する具体的な方法について解説します。

学費を分割払いや月払いにする/教育ローンを利用する

予備校の中には、学費の分割払いや月払いを採用しているところもあります。一括払いにすると家計を圧迫してしまう場合、こういった制度を利用するのが良いでしょう。

また、教育ローン(学費ローン)を利用するという手もあります。教育ローンは学校の学費だけでなく、予備校の学費や受験にかかる費用、学業に必要なパソコンの購入費などにも利用できます。

下記の記事で予備校費用で利用できる教育ローンをいくつか紹介していますので、教育ローンを検討してみたい人はご一読ください。

入学金免除制度を利用する

入学金の平均相場は3万円です。しかし予備校によっては、入学金が免除される場合があります。

具体的には、

  • インターネット経由で入学を申し込んだ場合
  • 個別相談会や入学説明会へ参加した場合
  • 指定の関連機関に在籍していたことがある場合
  • 兄弟や姉妹が通学していた場合
  • 入学金免除のキャンペーンを実施している場合

などです。

免除制度の有無や免除額などは予備校で異なります。大手予備校では入学金免除や一部免除を実施していることが多いため、検討している予備校のホームページをしっかりと確認しておきましょう。

特待生制度がある予備校に通う

予備校の中には、学費を安く抑える制度の一つとして「特待生制度」を用意しているところがあります。

特待生制度とは、選考を通過した生徒に対して入学金や授業料の全額もしくは一部を免除したり、一定額を給付したりする制度です。

予備校によっては、学費全額免除などのトップクラスの成績優秀者を対象とした制度だけでなく、授業料の4分の1や入学金の5分の1を免除といった比較的選考を通過しやすい制度を設けているところもあります。

また、選考の方法もさまざまで、入学テストや模試の成績で決まるものもあれば、学校の成績表や面接で選考されるものもあります。

予備校によって制度も異なりますから、ぜひ一度検討している予備校の特待生制度についてチェックしてみましょう。